Educational contents & systems is totaled and designed.

学校内予備校導入までの流れ

導入までの流れ

6月~12月(ヒアリング会議)

講座設置に向けご要望を伺います。 学校内予備校事務局からは、

  • 予定講座数の決定 (AO対策・推薦入試対策も検討)
  • 目標の設定(東大,京大,早稲田,慶応など具体的な目標を掲げます)
  • 指導カリキュラム案の策定
  • 学校授業との連携方法の決定(予備校講師と教師様との連携で効率をアップ)

などをご説明させていただきます。

6月~翌2月(StudySuite担当者&担当講師)

正式なご依頼をいただいたのち、直ちに講師の先生のFIX作業を行います。予備校・塾講師業の常として,「人気のある良い先生」は来年度の予定が早く決まってしまいます。ご依頼はできるだけお早めにいただければ幸いです。

10月~翌2月(詳細会議)

現場の先生からのご意見や、指導の際の注意点、各教科のカリキュラムのすり合わせなどの細かい点について、詰めていきます。

4月~新学期スタート

info@contents-systems.com TEL 03-6455-7250 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 株式会社コンテンツアンドシステムズ All Rights Reserved.